スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1年点検

またしても更新ご無沙汰しているうちに、
早くも3月になっておりました。(笑)

そして先日、1年点検でした~。

もう1年ですよ…早いなぁ~…。

3ヶ月点検の時と比べて、今回は点検前に掃除を
しないとーーーとちょっとバタバタしました。(笑)
(なにせ「まだ引っ越したばかりだしぃ~」とか言って
年末の大掃除はほとんどしなかったから…えへへ)

1年点検、けっこうあっさり終わりました。

今回の点検にあたって、事前に気になるところとか
直して欲しいところをアンケート?で申告していたので、
そこを実際に見てもらって、結果後日直してもらうことに
なりました。

まずは、リビング中央あたりの床鳴り。
「あ~確かに…鳴ってますねぇ~…」
ということであっさり。(笑)
後日業者さんが来られることになりました。
「床を剥ぐのか!?」と一瞬ひるんだけど、実際は
床下点検口から潜って下から直すそうです。
あ~なるほどね…(^-^;

次は、リビングドアの閉まり。
最後にゆっくり閉まるところ、閉まらずにそこで
静かに止まることが多くなってきてたのです。(笑)
たぶんウォルフィの毛が原因だろうなとは思っていた
のですが、なにせドアが壁の中に入っていくタイプ
なのでどうやってレールを掃除したらよいか?も
わからず放置…(笑)
そこは、カスタマーさんがレールにかませてある
金属の部品を外して掃除してくれました。
やっぱりウォルフィの毛がつまってました~(^-^;

次は、リビングの電動シャッターの軋み音。
これもカスタマーさんが実際に開閉しながら音を
聞いて、「あ、鳴ってますね」であっさり。(笑)
こちらも後日業者さんが来られます。

不具合っぽいのはこの3点。

あと1つ、私達から修繕をお願いしたのはコレ…。
100324_01.jpg
ハイ、ウォルフィの仕業です…(-_-)
ウォルフィがうちへ来て1ヶ月ほどのまだまだ赤ちゃん
だった頃のこと…リビング入口横のこの部分を
カジってくれまして…。
きっとまた別のところもカジるだろうから、いたずらが
おさまった後で全部まとめて直してもらおう~…と、
これまで放置しておいたのでした。
でも結局ウォルフィがカジったのはここだけでした。

ここも、床の修繕と一緒に直していただくことになりました。


次は2年点検だそうです。

[ 2010/03/24 16:05 ] 点検 | トラックバック(-) | CM(2)
1年点検ですか?まだまだ新しいねえ。
うちも床鳴りは何回も直してもらいましたよ。カスタマーの人が床下にもぐって。
また別のところが最近鳴ってます。思うに息子が重い体重でドンと踏みつけるからかと・・・・
一度サイズが大きい電動シャッターを修理したこともあります。
6年も住んでたら、いろいろ汚れてきたり、壁紙も薄汚れてきたり、掃除をマメにちゃんとやらないので、仕方ないかなあ・・・?
ほる子さんのお宅はセンスがあって憧れます~~それこそモデルハウスじゃあないですか!
[ 2010/04/14 22:46 ] クレアママ [ 編集 ]
>クレアママさん

あっという間に1年点検が来ました~。

そっかぁ~床鳴り、けっこうなるもんなんだねぇ。
そうそう!!床下にもぐって直していただきました~。
電動シャッターの修理もしたんだね~。
うちも今回は軋み音を直してもらったよ~。

センス!?ないない~~~(笑)
片付けや掃除が苦手だから、少しでも無理なく
掃除が出来るようにシンプルにしておりますのです…ホホホ。

いやぁ~クレアママさんちはマジでモデルハウスだった~!!!
私達が打ち合わせによく通っていた近所の
住宅展示場内のモデルハウスにそっくりだったもん!!!
[ 2010/04/15 09:21 ] ほるこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

horuko

Author:horuko
積水ハウス『Be ECORD』で
建てることにした我が家の
家づくりの記録です

最近の記事+コメント
検索フォーム
QRコード
QRコード
count
pictlayer
メール

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。